藤木駅

 

1970年に誕生した駅で、周辺にはレトロ風な商店が数軒ある以外は田畑が広がっており、農業が中心の駅となっています。かつて貨物留置線が併設されていましたが、2017年からこの留置線を新下り線に転用するための大規模な改修を行い、1面2線だったホームを2面4線へ改造する工事が進められています。