中島本町駅

 

1970年に開業した駅で、周囲には新興住宅が立ち並んでいます。ホームは2面4線の緩急連絡可能な駅で、2022年のダイヤ改正までは下り・稲崎方面は最後(上り・樽野谷方面は最初)の退避駅で、一部の普通列車はこの駅で約10分程停車し優等列車を2本程度待ち合わせる場面があります。